1. 消防用設備にたずさわる技術者づくり
消防用設備等の設置,改修や、点検を行う為には資格が必要とされます。
協会では、その資格である、消防設備士の義務講習(大阪府からの委託)また消防設備点検資格者の講習((一財)日本消防設備安全センターから受託)をおこなっています。又、消防設備士試験受験者を対象に予備講習等を実施しているほか、専門図書、技術資料の頒布を行い技術者の養成に努めています。

2. 消防用設備等点検済表示制度を推進しています。
点検実施者の責任の明確化、防火対象物の利用者などの安全確保のため、消防用設備等の点検が適正に行われ機能が正常であるものについて、点検済みである旨を表示し、点検実施者の責任を明確にするとともに防火対象物の関係者、利用者などに維持管理が適正に行われていることを表示する制度を推進しています。

3. 火災予防のための啓発に協力しています。
建築物の高層化や構造の変化などから、新しい建築材料、諸設備や生活用品の出現によって、消防活動や避難行動も大切になっています。
これらについて、春及び秋の全国火災予防運動等の催しなどへ積極的に参加協力し、一般住民の防災意識の高揚と普及などの啓蒙に努めています。

4. 行政機関とのコミュニケーション役です。
総務省消防庁、大阪府、大阪市、府下衛星都市などの各消防関係行政機関や、(一財)日本消防設備安全センターなど関係団体と常に連絡をとり調整を図っています。
また、周知する必要のあるものは、広報紙等などを発行して、会員及び業界や関係先へ情報の提供をおこなっています。


協会の概要
設     立 昭和51年8月12日 (大阪府指令消代432号)
役 員 構 成 理   事  
監   事   
評 議 員  
25名
2名
31名
会 員 数 (1)維持会員
(2)賛助会員
約1,400社
4社


一般財団法人 大阪府消防防災協会
〒540-0008
大阪市中央区大手前1-4-12 大阪天満橋ビル7階
TEL:06-6943-7654  FAX:06-6941-6504

 


一般財団法人 大阪府消防防災協会